1999年生まれ、埼玉県出身の映像作家。
「超脱(Cross the Threshold)/夢現(Between Dream and Reality)」 を主題に
映像作品を制作しています。

世界観の構築/ストーリーボード制作を徹底する、シネマティックな構想領域に興味があります。
構想した舞台に対する画的な解答として、十分に説得力のあるイメージシステムの設計に注力しています。
そのような制作においては、入念なプリプロダクション(企画/脚本/演出)を重要視しています。

一方で、画面上から受け取る意味を錯綜させるような、ノンナラティブな表現領域にも興味があります。
上記の関心とは対象的に、CGの虚構性をカリカチュアライズするシュールな映像表現を嗜好しています。
そのような制作においては、媒体や構造に囚われないルックデヴを重要視しています。


BIO


CONTACT

案件・ご相談

  • yu.nakaito.contact [at] gmail.com

    KAMITSUBAKI STUDIOに映像作家として所属しておりますが、これまで通り制作の依頼が可能です。通常3営業日以内に、担当者より返信致します。

    プリプロダクション(企画/脚本/演出)より行う映像の制作に関しまして、多くのご相談をいただいている中恐縮ではございますが、時間や制作コスト諸々の観点から案件としてお受けしかねる場合が多いかと思われます。ご相談内容に関する詳細(既存の設定資料/予算/楽曲/方向性)をあらかじめご相談の連絡の中にご記載いただけますと、受注可否の検討を行う一助となり大変助かります。

    なお、上記以外の映像のご相談(モーションやコンポジットなどの一部でのコミット/OPEDやXFDの短尺映像/ノンナラティブなルックデヴ関連)に関しては受注できるケースが高くなります。お気軽にご相談ください。

中絲悠宛